スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇黒ss 短編 act7

なんとか月一更新をキープしてるクジラです

更新途絶えましたねー

俺は気にせず更新していくつもりです!




act7 良子「やまだ観察日記」

〜1日目〜

『山田って学校外でもあんな感じなのか気になったから観察して日記に記すことにしたよ!
今日は記念すべき1日目だから気合いれていくぞー!

早速山田を発見したから尾行しよう
あっ!良斗達と一緒に帰ってる!!

良斗かっこいいなぁ!!!!!!!!!!!!!
歩き方も口調もイケメン!!!!!!!!!!!
早く付き合いたいなー!!!!
結婚したいなぁ!!!!!
そういえば今日の良斗のパンツは(ry』


〜2日目〜

『昨日はついつい良斗に目がいっちゃったから改めて今日からがんばるぞー!

あ!!!良斗だ!!!
今日は猛暑日だったから汗だくだね!!!!!!!
汗だく良斗かっこいいなぁ!!!!!!!!!!
汗舐めたいなぁ!!!!!!!!
クンカクンカしたいなぁ!!!!!!!
とりあえず今日の洗濯物は絶対確保しなきゃね!!!!!!!!!!!!』


〜3日目〜

『今日の良斗の朝ごはんは納豆とお味噌汁とご飯だったよ!!!!
お揃いでなんか嬉しくなっちゃった!!!!!!!!
朝から下着姿の良斗堪能出来たしもう満足!!!!!!!!!
今日も暑いらしいから洗濯物確保に全力だね!!!!!!!!
早く良斗家から出て来ないかなぁ!!!!!!!!!!
早く一緒に登校したいのに!!!!!!!!!!』




良子「って感じでやまだ観察日記つけてたんだけど3日で飽きちゃったんだよねー」アハハー

夏向「………えっ」

ミカ太郎「日記って飽きやすいもんなー」

夏向「ちょっ! そこっ!?」

竜二郎「リアル三日坊主か」

夏向「まず山田の観察日記じゃないことに気付こうよ!!!! ほぼ良斗観察日記じゃん!!!!!」

良子「それはともかく結局山田の私生活は分からないままかー」

夏向「そもそも調べてないよね!?」

竜二郎「ま、次の機会までお預けだな」

ミカ太郎「せやな」

夏向「え、俺がおかしいの? 俺が間違ってるの? もうやだ、助けてジュノン」




後書き的なサムシング

相変わらずお馴染みの面子
そろそろ他のキャラにも挑戦してみようかな……

それではまた来月!!
スポンサーサイト

劇黒ss 短編 act6

どうも、くじらです

今回はひとつひとつがいつもより短い分三つ一度に載せました

新キャラの山田に関する話ばかりですよー

それでははじまりはじまり〜






act6-1 オッドアイ

夏向「山田ってさー」

山田「山田と呼ぶな! 俺は漆黒の堕天使だ!!」

夏向「………片目だけ緑色だよね。 オッドアイって言うんだっけ?」

山田「正確には魔隻眼だがな。この目は魔眼であると同時に契約の証でもあるのだ」フフン

夏向「カラコンなの?」

山田「くくく、愚か者め。 これはマスカットだ!!!!!」

夏向「ふーん…………………え?」

山田「ふむ、そろそろ食べ頃か」ギュムッ

夏向「」

山田「うむ、甘くてうまいな。 流石俺の魔眼だ」モグモグ

夏向「」




























夏向「…………はっ! ゆ、夢か」ゼェゼェ






act6-2 似たもの同士

夏向「でねー、その時ジュノンがねー」

良斗(夏向はどうしてこうなってしまったのか…)

山田「どうした、我が同胞らよ。 ついに極悪非道のマフィア「今日海(キョウ・シー)」の頭領であるケン=チャンを打ち取る時が来たのか!?」

良斗「いくら自分のキャラを全否定されたからって自分の担任をそんな風に呼ぶのはどうかと思うぞ」

山田「黙れ! あいつはよりによってこの魔眼を……いや、話が逸れたな。 で、なんの話をしていたのだ?」

夏向「いやー、ジュノンがさー」

山田「何っ!?ジュノン!? 貴様、今ジュノンと言ったのか?」

夏向「あれ、ジュノンのことしってるの?」

山田「知ってるも何も奴は俺の前世のパートナーだ。 奴と二人で数多の戦場を駆け巡り『双頭の雷龍(サンダードラゴン)』と呼ばれ恐れられたものさ」フッ

夏向「ジュノンは凄い魔法使いなんだねー」オオッ

山田「!? なぜ貴様は奴が魔法使いだと!?」

夏向「だって見せてくれたことあるし」

山田「馬鹿な……  この世界線にあの力は持ち込めないはず…… まさか奴は既に『刻の封印』を完成させている……?」ブツブツ

ワーワーギャーギャー


良斗(こいつらの頭どうなってんだよ……)






act6-3 封印されし力

夏向「え? 良子ちゃんのバッテンって山田がつけたの?」

山田「いかにも。 やつの強大なチカラを封印するために仕方なく、だが」

夏向「へ、へー」

山田「信じてないだろ、全く貴s「おーい、二人とも良斗見てないー?」お、丁度いい。証拠を見せてやろう」

山田「ちょっと痛いが我慢しろよ」ベリッ

良子「ちょっと二人とも無視しないd痛っ! ちょっと山田!!なにすんn」ドクン

夏向「良子ちゃん?」

良子「……」シュンッ

夏向「消えた!?」

山田「これで奴の力は解き放たれた。 明日が楽しみだな」


次の日


夏向「みんなおはy」

良子「ねぇねぇねぇねぇ、私のことどう思ってる?」

良斗「スゴクカワイイヨ」

良子「いやん、そんなストレートに/// みんなの前で恥ずかしいよぉ」イヤンイヤン

良斗「テレテルヨシコモカワイイヨ」

良子「もう/// そんなに褒めてもキスしか出ないんだゾ☆」チュッ

イチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャ

夏向「」



























夏向「……はっ! 良かった、夢か…」モウヤダ





新登場キャラ紹介

山田・・・良斗達のクラスメイト







劇黒ss 短編 act5



act5 昼休み

キーンコーンカーンコーン

ぷー子「はい、じゃあここまで」

夏向「きりーつ!礼!ありがとうございました!!」

アザッシター

ぷー子「きちんとお昼食べるのよー」

竜二郎「健ちゃんと?」

ぷー子「健ちゃんとは私が食べるn」ハッ

一同「」ニヤニヤ

ぷー子「も、もう!からかわないでよ!!温かく見守れよ!!」ウガー

一同「」ニヤニヤ

ぷー子「も、もう知らないんだからあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」タタタタタッ

竜二郎「いやー、お熱いですねー」ヒューヒュー

夏向「仲いいよねー」

良斗「仲が良すぎるせいで付き合ってること即バレたけどな」

夏向「同居してるんだっけ?」

良斗「いや、まだしてなかったはず」

夏向「なんでしないんだろうね」

良斗「大人の事情ってやつだろ」

竜二郎「だな。 まあ、とりあえず飯食おうぜ」

良斗「お、そうだな」

/ドドドドドドリョウトードドドドドド\

竜二郎「今上の階から聞こえた足音と叫び声って・・・・・・」

良斗「なあ、今日は屋上d「良斗ぉぉぉぉぉぉぉ!!!!! 愛しの良子だよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!! 一緒にお昼食べよぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」

竜二郎「間に合わなかったか」アチャー

夏向「みたいだね」アチャー

良子「ねえねえねえねえ!! お昼食べよ!!!!! アーンし合っちゃう????? え!? 口移し!?!? ちょっと恥ずかしいけど良斗がいいならいつd「んなこと言ってねぇ」 んーっ!んーっ!」

夏向「それにしても良子ちゃんがお昼にこっちに来るなんて珍しいね」

良子「んーっ! んーんーんーんんん!!!ん!んんんんーっんーっーっ!!!」

竜二郎「わからん」

夏向「なるほど、そうだったんだね」

竜二郎良斗「わかるの!?」

夏向「うん」

竜二郎「そ、そうか・・・ ちなみになんて?」

夏向「『そろそろ私達の関係を全校に知らしめた方がいいと思ったから』だって」

竜二郎「え、お前ら付き合って・・・」

良斗「んなわけあるか!!!!」

良子「んーっ! んんんーっん!んんんっんんんー!!!!」

夏向「『酷い!!! あの夜はあなたにとってはただの遊びにすぎなかったのね!!!! あんなにも深く愛し合ったのに!!!!!』」

良斗「いい加減にしろ」ゴツン

良子「あうっ」>×<

夏向「あ、昼休みあと20分しかない!!!」

良斗「やべ、さっさと食っちまおうぜ」

竜二郎「だな」

良子「うん、それがいいよ」

夏向「あ、良子ちゃんもここで食べるんだ」

良子「なにを当たり前なことを!! あと20分関良斗とラブラブお弁当タイm「さっさと食え」 はーい」

夏向「良子ちゃんはぶれないねー」モグモグ

竜二郎「ぶっちゃけ良子ちゃんが大人しかったらそれはそれでキモいけどな」モグモグ

夏向「あー、たしかに」

良斗「俺はもっと静かにして欲しいわ」モグモグ

良子「二人とも酷っ!? てか良斗はこんな美少女に迫られて嬉しくないの!? とりあえずヤっちゃおうとか思わないの!?」

良斗「これっぽちも思わないわ」キッパリ

良子「なっ・・・」

竜二郎(あー、これは泣かせましたわ)

夏向(良斗ストレートに言い過ぎじゃないかな)アセアセ

良子「これがツンデレかひゃっふうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!! いいね! ツンデレいいね!!!! よぉぉぉぉぉぉぉぉし!! 良斗のツンデレを活力に午後も頑張るぞおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

竜二郎夏向(あ、そういえば彼女は良子だったな)

良子「ごちそうさまー!! じゃーねみんなー!!! 良斗愛してるよー!」フリフリ

良斗「やっと帰ったか・・・・・」

夏向「相変わらず嵐みたいだよね・・・・・・」

竜二郎「ものすごい元気だよな・・・」

キンコンカンコン!!!キンコンカンコン!!!

夏向「あ、予鈴だ」

良斗「あー、午後の授業だるー」グデー

夏向「良斗それいつも言ってるよね」

竜二郎「そんなに怠いならサボって良子ちゃんと保健室でイイコトしてくれb「よーし、ちょっとこっちに来よっか」あー、うそうそうそうそ!!! 冗談だから!冗談!!いっつあじょーく!!! お願いだから謝るからそれだけはぁぁぁぁぁぁぁぁ」アーッ

夏向「竜二郎も懲りないねえ」アハハ




初登場キャラの紹介

ぷー子・・・良斗達の先生


~後書き的なサムシング~

どうも久しぶりの更新です
元々遅筆なんでなかなか書けないんですよねー
むしろ最初の方の投稿間隔が奇跡ですね、はい

リアルの事情もあってこれからは月1投稿出来ればいい方かなーって感じです

楽しみにしてくれている方が一人でもいれば嬉しいです

それではまた次回

劇黒ss 短編 act4

act4 アフロ

良子「アフロになった!!」ワオッ

良斗「……」ポチポチ

良子「ねえ見て見て!! アフロだよ!! 触ってもいいんだよ!?」ホレホレ

良斗「……」ポチポチ

良子「アフロだよ?? カツラじゃないんだよ??? 滅多に見れない美少女のアフロだよ?????」

良斗「……」スッ

良子「!!」キタッ

良斗「おーい、夏向、竜二郎、こっちこっちー」ノシ

良子「うん、知ってた。知ってましたとも」

夏向「おーっす!良tえええええぇぇぇぇぇぇぇぇえええ??? 良子ちゃんええええええぇぇぇぇぇええ???」

竜二郎「どうした夏向、そんな大声出しtえっ……?」

良子「そう!これだよこれ!!これが一般的な反応でしょ!!」チラッチラッ

良斗「ハァッ…… 良子ちゃんなんでアフロなんですか」ボウヨミー

良子「聞きたい?? ねえ、聞きたい??? どうしよっかなぁぁぁぁぁぁぁぁ???」

良斗「あ、じゃあいいや。 二人とも帰ろうぜ」

良子「え……ちょ……まっt「待ってよ良斗〜」「じゃあね、良子ちゃん」お願いだから帰らないで話を聞いてください!!!」

良斗「3行な。」

良子「爆

した」

良夏竜「はぁ!?」

良子「いやー、実験してたらやらかしちゃいました」テヘッ☆

良斗「そのまま吹飛べばよかったのになー」ボソッ

良子「酷っ!?」

竜二郎「実験ってなにしてたの?」

良子「ふふふ、聞いて驚け!! なんと惚れ薬なのだ!!」

夏向「ええっと……何故?


良子「そりゃ当然良斗に飲ませるために決まってんじゃん!! これを良斗に飲ませればあんなことやこんなこともやり放題!!」グヘヘ

良子「ああ!良斗良斗良斗りょうとりょうとりょうとリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウt」ハァハァ

良斗「帰るか」

竜二郎「良子ちゃんはいいの?」

良斗「ほっとけほっとけ」スタスタ



数時間後☆

良子「さあ、良斗!!私の愛を受け取ってぇぇぇぇえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」

しーん

良子「ひあゆーあぁぁぁぁぁぁ!!って誰もいないじゃん!!!」

しーん


良子「」グスン

劇黒ss 短編 act3

act3 時報

PM9:00

LINEのグループにて

良子『リョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウトリョウト』


〜夏向’sハウス〜

携帯「」ピロリン♪

夏向「うーん、もう九時か…… 明日の予習やらなきゃ…」フワァー


〜竜二郎’sハウス〜

携帯「」ピロピロ♪

竜二郎「九時か、風呂だな」スタスタ


雛’sハウス

携帯「」チャラン♪

雛「九時だ、『先輩黙ってください!』っと」ポチポチ


梨杏枝’sハウス

携帯「」ブブブブ

梨杏枝「9時!! 新作の和菓子考えよう!!!」エイエイッオー


礼央’sハウス

携帯「」マナーモードナウ

礼央「良斗おせーなー」カチャカチャ


良斗‘sハウス

携帯「」チカチカ

良斗「もう九時だ!! 礼央待たせてんじゃん!!」ヤベー


小実’sハウス

小実「」ポチポチ

携帯「」オシラセー

小実「!!!!」キタッ

小実「」ポチポチポチppppppppppp

小実『ヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコヨシコ』


良子’sハウス

良子「良斗ぉぉぉぉぉぉぉ!!」ゴロゴロゴロ

携帯「」オシラセー

良子「キターーーーーー(°∀°)ーーーーー!!」イソイソ

良子「わくわくわk…」

良子「………寝よ」



初登場キャラ紹介

雛・・・良子の後輩
梨杏枝・・・和菓子作るの大好き
礼央・・・良斗とゲームするのが毎日の楽しみ
小実・・・良子大好き

全員かけるほどネタが思いつかなかった

プロフィール

劇団黒太

Author:劇団黒太
劇黒企画用ブログ


公式Bot @gekikuro_bot

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

閲覧数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。