スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇黒ss 短編 :映画デート

こんにちは黒太です!!

今回は海月くんと雛ちゃんの話を書いてみました!


いやあ山田大人気ですねえ!ふざけんな


おかげでどんどん劇黒広まってるみたいなので嬉しいです!







雛「穂華!」

穂華「あ、雛!」

雛「あのさ!土曜日見に行くホラー映画のチケットと席とってきたよ!ちょうどあと2席残っててさぁ!!前の方になっちゃったんだけどね!」

穂華「ん、雛…それなんだけどさ」

雛「それで!これ11時半ぐらいに終わるやつだから午後から駅前までいって服とか買いにいかない?この前見つけたお店とか行きたいんだよね~!ほら、あの穂華もまた行きたいねって言ってたとこ!!」

穂華「いや、雛…あのね……?」

雛「ん?なに?アッそういえばスタバに新しいのでたらしいからそれも…」

穂華「あの…すごい言いにくいんだけど、土曜日コス仲間の人とオフ会することになってさ…ほんと申し訳ないんだけどさ…」

雛「…え?」

穂華「いや、日曜行く予定だったんだけどさ、主催の方が急な都合で行けなくなっちゃって…それで土曜日になっちゃったんだけど…」

雛「……」

穂華「ほんとにごめん!他の人と行ってくれない?」

雛「……」

ピロン♪

穂華「あ、メール来た!じゃあそういうことだから…ごめんねバイバイ!!」タッタッタッタ

雛「…まじか」

ポツーン…


雛「なんか…泣きそう……グスッ」

ああ、空が青いな…

チケットどうしようか…一人で見るのも寂しいし、誰か誘おうかな…

でもみんなホラー苦手って言ってたような気がする…ああ目から汗が…

海月「どうしたの…?」

雛「!??」

げっ!!!!!!!!!

雨宮くんじゃん…!!!!!!


海月「…泣いてるの?」

雛「は!?泣いてねえよ!すっごい楽しみにしてた遊ぶ約束ドタキャンされたくらいで泣くとかそんな涙腺弱くないし!バカじゃないの!?」

海月「…ドタキャンされたんだ…」

雛「!?」

海月「……僕…」

雛「うるさいうるさいっ!!一人にしてくれっ!!」

海月「…僕ホラー映画好きなんだ……」

雛「…え?」

海月「…(ジーー」

雛「…一緒に行く…?」

海月「(コクン」

雛「…じゃあ土曜日の朝9時にそこの映画館で…」

海月「(コクン」

雛「……え…マジで?」

海月「…チケット余ってるんでしょ…?ちょうどいいじゃん…」

雛「そうだけどさ…」

海月「じゃあ、僕塾あるから…」

雛「あ、うん…」

………。

…雨宮くんと久しぶりに喋った…

普段喋らないからビックリした…私苦手なんだよな、ああいうヤツ。なんか変な噂とかあるし、

土曜日大丈夫かなー


~土曜日~


雛「…はやく来すぎちゃったかも」

なんか変に緊張するな~…

服もお気に入りのやつ着てみちゃって…ちゃっかりメイクも気合入れてるし…

あ、来た


海月「ん…お待たせ……待った?」

雛「え?あ、いや!今きたとこ!!あ、私服かっこいいね!?」

海月「うん…」

雛「うん!」

海月「…。」

雛「………」

なんか喋れよ…!!!!

だから嫌なんだよコイツ!!気まずいだろ!!

雛「あー…あ!!!もう時間来るから中入ろうか!!」

海月「(コクン」

ま、まあ映画始まっちゃえば話さなくてすむし、終わってからどっか行く約束もないし!!すぐ帰ろ!!

あー映画でよかったぁ……


ブーーー


雛「あっ、始まるね!」

海月「…ボリボリ」←ポップコン

………無視かよ!!!!!!!!!!!!なんか返事してよ!ムカつく!!!!


女性『ほんとにいたのォ!!』

男性『ハハハ見間違いだろ?確かめてくるよ』

女性『やだァ!待ってよおいてかないでェ!!!』


雛「……」

この女優いちいち語尾伸ばすの気になるな…てかあんまり怖くない。


男性『ギャアアアアアア』ブッシャアア


雛「…うわっグロ」

海月「………」

そういえば雨宮くん、さっきからピクリとも動かないけど寝ちゃったかな?


女性『ギャアアアアアアアアアアア』ドシャアアアアアアンブシャアア


海月「(ビクッ」

雛「!」

動いた、一応起きて見てるのか…ほんとわかんないなぁ………ん?

海月「……グス…」


…えっ!???!?!?

泣いてる!!?えっ!なんで!?感動…ではないよね!?ホラー100%だし…!

ってことは怖くて??

嘘、ホラー好きって言ってたよね!?

海月「……」

雛「…あ」

……

…手……震えてる…?


雛「…」


もしかして雨宮くんホラー苦手なのかな…

でも、私がドタキャンされて泣いて困ってたから……?

考えすぎかな…でも…


でも…、もしそうなら……


雛「…余計なお世話だっつの……(ボソッ」


女性『誰かァ!!誰か助け、イヤアアアアアアアアアアア』ベキョベキョグチャアアア


海月「…(プルプル」

雛「雨宮くん…」

海月「ん…(プルプル」

雛「……」

めっちゃ震えてるじゃん…

雛「……私さ、すごいこれ怖いから…その…手、握ってもいいかな…?」

海月「!??」

雛「…ほら」


ギュ


うわあ手汗半端ない、それだけ怖いってことかー…

でも、手あったかい……


海月「……(ボソッ」


女性『アアアアアアアアアアアアアアアア』ドギャアアアアン


雛「へ?」

…よく聞き取れなかった…けど…


「ありがとう」って言った気がした


なんだ…全然悪い奴じゃないじゃん…

なんか、仲良くできるかも…



~~


雛「あー!怖かったぁ!」

海月「…」

雛「…雨宮くんが映画付き合ってくれてほんと助かった!」

海月「ん…」

雛「お礼にご飯おごるね!近くに美味しいお店あるんだ!」

海月「…え?」

雛「なんか怖くて一人じゃまだ帰れないし!」

まあ嘘だけどさ…

雛「それに!もっと雨宮くんと仲良くなりたいし!」

これは本当!

海月「…ん……僕も行きたい…」

雛「!!やった!じゃあ決まり!早く行こう!」

海月「……ありがとう…」

雛「私もっ!!ありがとう!!!」


ご飯食べ終わったら今日行きたかったお店も行きたいなぁ!でもピンクだから嫌かな…

断られたらどうしよう!そしたら新しくできたパンケーキの店行こう!

あ、

そういえば来週雨宮くんと日直じゃん…!

放課後一緒に残って日誌書いたりしたいな…


海月「…雛ちゃん……」

雛「!!!?」

海月「あ、えと…月曜日日直…だね…」

雛「そうだね!あめ……海月くん!!」

海月「…!」

雛「放課後もし時間あったらどっか行かない?」

海月「…いく……!!(キラキラ」


やべえ海月くん可愛いな…

穂華にも自慢しなきゃ!



あー早く月曜日ならないかなぁ!!!




オワリ
スポンサーサイト

劇黒ss 短編 : 女子トイレに



おはうよございます!黒太です。


いやぁこの時期テストですね~

私の良斗並みのスルースキルをフル活用してますよー単位やばいですね


ってことでssでごわす。

良良ばっか書いてアレなんでたまには別のキャラにスポット当ててみます!





羽純「あー、また寝過ごした…結局今週2日しか行けなかった」

最近休み癖ついちゃってやばいなぁ
そろそろ行かなきゃ…………って…ん?

竜二郎「日下なにしてんの?」

羽純「あれ?竜二郎くんこそ、なにしてんの?こんな時間に」

竜二郎「今日はサボりだよ」

羽純「悪いなぁ」

竜二郎「あんたもな」

羽純「てか珍しいね?なんでサボったの??」

竜二郎「いや、帽子なくしたから探してて気付いたら時間が…」

羽純「あー…本当ついてないね…」

竜二郎「そんで暇だから今から町に遊びに行こうと思うんだ」

羽純「いいねー!!私もついてっていい?」

竜二郎「いいよー」


町なう


羽純「そいや1,2年と同じクラスだったけど二人で遊ぶのはじめてじゃない?なんか照れるわ」

竜二郎「きゃ///」

羽純「きもい」

竜二郎「ごめんて」

羽純「んでどこ行くの?」

竜二郎「いや、特には決めてないけど…」

羽純「じゃあゲーセンいこっ!」

竜二郎「いいよ財布忘れたけど」

羽純「わお」



ゲーセンなう


羽純「最近音ゲーやってなかったな!久々にやるかぁ!」

竜二郎「財布忘れたけど」

羽純「それはもうわかったから………ん?」


みさき「だぁああああかぁあああからぁあああああっ!!!!!」

羽純「みさきちゃんだ、どうしたんだろう」

みさき「女だっつってんでしょ!!!!?」

良子「みさきが女じゃなかったら誰が女なの!!?????」

従業員「でしたらそれが確認できるものを…」

みさき「脱いで証明しようか!!????」

羽純「どうしたの?」

良子「あ、羽純。」

みさき「羽純さんいいところに!!!このオッサンに私が女だっていってあげて!!!!」

羽純「この子は女です」

竜二郎「なになに?どうしたの」

従業員「この子が女子トイレに入ろうとしてたので、声をかけさせていただいたのですが…」

竜二郎「あるある」

羽純「なにがあるんだよ…」

みさき「とにかく私は女なの!!早くトイレ行かせてよ!!!!」

良子「漏らしちゃえ」

みさき「ぶっかけるぞオッサン!」

従業員「ですから女子トイレにはー」

みさき「ああもう知らん!!行く!!!!!」

良子「ここは私に任せろ!」

従業員「あっ、」

羽純「…でも従業員さんなんでそんな疑って?」

従業員「いえ、先日女子トイレに男性の方が侵入して盗撮容疑で捕まったんです。」

羽純「へえ~、こわいねえ」

従業員「そのため警備を固くさせていただいてて…」

良子「まって、その人って」

羽純「?」

良子「女装してました?魔法使いのコスプレで」

従業員「はい。」

良子「夏向くんじゃん…?」

竜二郎「そういえば良斗が夏向なんか捕まったとか言ってたわ…てか連絡ないし今も警察じゃね?」

羽純「なにそれ!?夏向くんが盗撮したってこと!!?」

竜二郎「するわけないだろ…」

良子「良斗が言うには、昨日二人でゲーセンいって、音ゲー負けた罰ゲームで夏向をコスプレで女子トイレ入らせたらしいんだけど…それで。」

羽純「よく良斗は帰ってこれたね?」

良子「逃げたらしいよ」

羽純「最低」

竜二郎「まあつまり偶然夏向がはいったら偶然カメラがあって偶然捕まったんだな」

羽純「かわいそすぎるでしょ」

みさき「みんな~!!ちょっと来て~!!!!!」

一同「?」

みさき「カメラあった!」

従業員「おかしいですね、昨日全部撤去したはずなのに…」

良子「これで夏向の無実が証明されたね!」

羽純「めでたしめでたし」


良斗「あれ?みんな揃ってなにしてんの?」

羽純「来たよ最低野郎」

竜二郎「幻滅ぅ~(棒)」

良斗「は?」

良子「良斗!!!私は何があっても良斗の味方だからね!!!!」

良斗「あ??」


~そのころ~


夏向「だからぁあああ!違うんですって!!!!」

警察「じゃあこれはなんなんですか」バンッ

夏向「知りません!」

警察「そんな格好して…何が楽しいんだか……」

夏向「こっちが知りたいです!」

健「まあまあ警察さんこの子そんなことできるよーなやつじゃないんですよ」

警察「しかし、」

察2「新しく犯人が出たみたいです!」

警察「……じゃあこいつはシロか」

夏向「ほっ…」

健「やったな夏向。ほな帰らせてもらおか」

警察「じゃあ親御さんに連絡するから、」
夏向「!!?なんでですか!」

警察「女子トイレに入ったのは事実でしょ?」

夏向「そうですけどおおおおっ」

警察「では連絡させていただきます。」

健「腹くくるんやな…まあ女子に興味持つのは思春期には誰にでもあることやし、あとその格好似合っとるで」

夏向「違うんですってえええっ」









夏向「……ってことがあったよ」

良子「どんまいだね」

みさき「まあ私がトイレに行かなかったら助かってなかったよね!夏向先輩感謝してね」

夏向「お、おう…さんきゅー…」

羽純「まあ、もとはといえば…チラッ」

良斗「あ゙?なんだよ」

羽純「ドン引き」

良子「良斗!!!」

良斗「あ?なんだ良子」

良子「私は何があっても良斗の味方だからね!!!!!!!!」

良斗「ハイハイ。」

竜二郎「夏向いっつも女子トイレはいってんの?」

夏向「いつもじゃねえっ!!!たまに良斗に入れられるだけだっ!!!!」

竜二郎「羨ましいなぁ…」

夏向「なんだよ」


健「…で、みなさんなんで平日の昼にゲーセンにいたんですかね?」

一同「「ギクッ」」




オワリ

劇黒ss 短編 : 犯罪ダメ絶対



こんちには黒太です。

みんなのss可愛すぎます。死にます。

あの変態わこすけがかいた良良が可愛すぎてですね、今の今まで悶えてました。


ってことで私も書きますウフ


かなり下ネタ注意です。









良子「ピンポーン!!!!」

良子「ピンポンピンポンピンポン!!!!」

良子「ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン」


良斗「ああああピンポンピンポンうっせえええええなんだよ良子こんな夜中に!!!!」

良子「苦情に来ました!」

良斗「は?」

良子「なんでいつも声を出さないで抜いているんですか!?」

良斗「ハァ!?」

良子「もっと激しく声だしながら抜いて?!!オナホ使う!?私という名の」

良斗「お帰り下さい」

良子「嫌です!!!!ほらほら!!!今日は私、良斗が好きな白パン履いてきたのよ!!」

良斗「なっ!?なんでお前俺が白…」

良子「(適当なこと言ったらあたった!やった!)
まあ結果的には脱がしちゃうけどさあ!」

良斗「ああもう帰れ!!帰れ!!!」

バタンッ

良子「しめられた……帰るか」


ガチャ

小実「ん~?よしこぉ?そんなとこでなにしてるの?」

良子「あ、ごめん…起こしちゃった……」

小実「ん~~だって良子ずっとピンポンピンポンいってるから~」

良子「だって良斗のピンポン鳴らないんだもん」

小実「で、なにしてたの?」

良子「え?ああ、良斗がオナってるときの喘ぎ声きくためにこの前盗聴機しかけたんだけどねー」

小実「…?オナ?」

良子「あっ!えっ?あっ…ごめん!なんでもない!!」

小実「んー?」

良子「オヤスミ!!!!」

小実「おやすみぃ…」

バタン


良子「……ふう…」

良子「……となると最終手段だな…」



次の日



ヤマダ電気「いらっしゃいませー」

良子「ヤマダ高いかなぁ~ビックカメラにすべきかなぁ~」

竜二郎「あれ、良子じゃん?」

良子「あっ!竜二郎!!!」

竜二郎「なに?なに買うの?」

良子「ちょっとね!!竜二郎は?」

竜二郎「パソコン壊れちゃってさー、あれないと毎晩のオカズが」

良子「(そいえば良斗って何をオカズに抜いてるのかな…気になる……)」

竜二郎「てか良子単体で久しぶりに見た気がするな。いっつも良斗と一緒にいるじゃん」

良子「まーね!!!…あっ」

竜二郎「?なに?」

良子「(竜二郎に手伝ってもらった方がいいかも…!!)竜二郎!お願いがあるんだけどっ!!!」

竜二郎「ファ!?」



~~~



ピンポーン

ガチャ

良斗「はーい。あれ、竜二郎?」

竜二郎「よっ!暇だから遊びに来たぜ」

良斗「おーまあ上がれよ」

竜二郎「オジャマシマース」

良斗「なあ聞いてくれよ竜二郎!良子がさぁ」

竜二郎「(なんだかんだ言って好きなんだよなぁ)」

良斗「昨日なんか夜中にいきなり押し掛けてきて…」

竜二郎「(素直になってあげればいいのに…)」

良斗「ん?」

良子「ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン!!!」

良斗「…またきた……なんでアイツ押さねえの…」

竜二郎「(あ、ちょっと嬉しそう)」

良子「ピンポンピンポ」

良斗「はいはい!なんだよ良子!!」

良子「あのねあのね!今日ね!超でかい犬がね!!?(チラッ」

竜二郎「コクリ(…よし!今のうちにこの…!)ガサゴソ」

良斗「あーなんだよ?竜二郎!こいつなんとか………」

竜二郎「……あ…」

良斗「…………なにしてんの」

竜二郎「…てへ」

良子「竜二郎ぉおおお…」





~~~~




良斗「…つまり、お前らグルで俺の部屋に小型カメラセットしに来た…と」

竜二郎「はい…」

良子「キョロキョロ(久しぶりに良斗の部屋はいったあああああ良斗の匂いだうおおおおおお興奮する)」

良斗「………あのさ…これ犯罪だぞ?」

竜二郎「…はい……ごめんなさい……」

良子「キョロキョロ(うおおおおおおお良斗が毎日使ってるベッドだああああああやばい濡れる)」

良斗「まあ竜二郎はダチだし、多目に見てやるよ…」

良子「ヤッタネ!(ウオオオオオオオオオやべええええええあのタンスの中に良斗のパンt)」

良斗「良子…は……一緒に警察いこう…」

良子「へ?」

良斗「ついていってやるから…な?」

良子「えっあっごめんなさい違うんです今回の件につきましてはほんの出来心というかそのなんていいますか」

良斗「はやく行こうぜ」

良子「なんでもします!!!性欲処理係したらいいですか!!そうですか!!!!じゃあ今日から」

良斗「やっぱ警察いいわ。今ここで死刑な」

良子「アアアアアヤメテェェェ」

竜二郎「まあまあ良斗…許してあげて…」

良斗「竜二郎……まあ竜二郎がいうなら」

良子「本当ごめんなさい!!盗聴機ももって帰るから!!!」

良斗「ピクッ……盗聴機?」

良子「あっ」

竜二郎「あっ」

良斗「盗聴機ってなに…?」

良子「あっいやあの、正直気のせいっていうか、良斗の聞き間違えっていうかあの…」

良斗「…よしこ」

良子「はっ!ハイィ!!!」

良斗「警察いこ?」

良子「ヤダアアアアアアアアア」




~~その頃~~




小実「ねえ礼央」

礼央「ん?」

小実「オナる…ってなに?」

礼央「」










オワリ






最後まで読んでいただいてありがとうご在宅


内容ひどくてごめんなさいw

私の脳内はこんなのばっかです。ごめんなさい。


では、おやすみなさい(2時)



劇黒ss 短編 :ラッキーアイテムには気を付けろ!

こんばんわぁ黒太です

みんながどんどんss投稿してて、「うっわくっそかわええなこいつらなんなんだろう早く結婚しろや」とか思いながらニヤニヤしてました。

みんな文章力ありすぎですよね?


ってことで黒太も寝れないんで書いてみます。(午前4時)






『今日のラッキーアイテムはピンクの
可愛い髪飾り♡恋愛運と金運UP☆☆むしろつけなかったらdownだから気を付けて!』


良子「……まじかよ……強制かよ…」

ピンポーン

雛「せんぱーい!可愛い後輩が遊びに来ましたよ~」

良子「はーい」

ガチャ

雛「先輩…どうしたんですかそのヘアピン、似合ってないです」

良子「わかっとるわ!!!くっそう今日は午後から良斗と会う約束あるのに!!!!」

雛「デートですか?珍しいですね」

良子「まあね!(本当はこの前お風呂覗いたお詫びでラーメン奢りにいくんだけど…まあデートだよね!実質二人だし!!)」

雛「あ、そいえば穂華も後から来るらしいです」

良子「りょかーい」

雛「……んで、なんでそんなピンつけてるんですか?しかもピンク…」

良子「えっと、前髪が鬱陶しくて………?」

雛「先輩の前髪が鬱陶しいなんて今に始まったことじゃないですよ?良斗とのデートでうかれてるんですか?」

良子「…そんなかんじ」

雛「……わかりました!私が一肌ぬぎましょう!」

良子「へっ!?」


~10分後~


雛「ううん…くくるには微妙な長さだしなぁ……てか先輩の髪無駄にサラサラでムカつくし…いっそ思いきって私くらいに切ったらどうですか?」

良子「(今ムカつくって言った)いや、切るのはちょっと…」

雛「??どうしてですか?」

良子「良斗がこの前髪長い女優さん見て綺麗だなぁって言ったの」

雛「ほう」

良子「たぶん良斗、髪長いのが好きなんじゃないかなって」

雛「それでのばしてるんですか?」

良子「うん…」

雛「先輩ロング似合いそうですし、いいと思いますよ」

良子「ありがと!!」

ピンポーン

雛「あっ!穂華だ!!」

穂華「ちわーす」

良子「???穂華ちゃん髪染めた?そんな色だったっけ?」

穂華「ウィッグですよウィッグ!」

雛「あっそうか!!穂華!コスプレ用のウィッグで黒髪ロングもってない!?」

良子「????」

穂華「?なに??あるけど…?」

雛「ちょっと貸してほしいんだよね」

穂華「……あ、なるほど~…いいよ貸してあげる!」

良子「?????」

雛「先輩!これで夢叶いますよ!」

良子「ほえ??」


~2時間後~


雛「髪もメイクも完璧だ!!!」

穂華「やばいね!良子さんかわいい!!」

良子「違和感しかないんすけど…マスカラとかはじめてした気持ちわりぃな……」

穂華「実は服も持ってきたの!良子さんいつもパーカーだから!たまには!!」

良子「えっまじ、これ着るの私」

雛「今の先輩なら絶対似合います!ほら着て着て!」

良子「…………(やばいこんなフリフリのスカート初めて着た…しかもかわいいし…)」

穂華「あ、もう時間くるよ!」

良子「!?本当だ!ありがとう!じゃあいってきます!!!」

雛・穂華「いってらっしゃーい!」


良子「私はいい後輩をもったなぁ………だめだ!泣いたらメイクが崩れる!こらえて私!!」


良子「それにしても良斗びっくりするだろうなぁ!惚れ直してくれるかな!!もしからしたら食べ終わったあとそのままデートとか!?ありえる!やばい!!」

良斗「よしこ」

良子「あーやばい!緊張してきた!!!深呼吸!すってーはいてー!」

良斗「おい!良子!!!!」

良子「?!いたの!???」

良斗「おお。どうしたんだよめかしこんで…お見合いでもいくのか?」

良子「行かないよ!??」

良斗「……まあいいや、良子今何円持ってる?」

良子「??一万円は……」

良斗「よし、おーい!!!!!竜二郎!!夏向ー!!!」

良子「!?」

夏向「おー良子今日なんか違うな!」

竜二郎「俺ピンクワンピより白ワンピ派」

良斗「わかる」

良子「は?え???まって、もしかして…」

良斗・夏向・竜二郎「「「ごちになります!」」」

良子「……(あ。そういえば結局ラッキーアイテムつけてなかった…)」

良斗「あとでゲーセンいこうぜ」

夏向「そのあとカラオケいかね?」

竜二郎「てかラーメンじゃなくて焼き肉食いたくね??」


良子「ウワアアアアアアアアア」





オワリ






最後まで読んでくれてありがとうございます。

外明るいです。


いやぁ無計画に書いたらグチャグチャですね…みんなすごいな!!!

では私は寝ますおやすみなさい(5時)



プロフィール

劇団黒太

Author:劇団黒太
劇黒企画用ブログ


公式Bot @gekikuro_bot

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

閲覧数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。