スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇黒ss 長編(?):ある日のできごと

こんにちはこんばんは!!!そして~おはようございます~

まりぃだと申します!!!!!!!!初めて書かせてもらいますよ!!!!!!!

最近みんな更新しないですね!!!!!!!!!つまらないですね!!!!!!!!!

なのでボクががんばって書こうと思います

前からみんなが書いているssを見て書きたいなぁってずっと思ってたんですよ!!!!

書こうと思っても勇気がなくてですね...w

でも書きたいと思います!!!

それでは、始めます!!!!


ある日の出来事....................


良斗「なぁなぁ、話聞いて欲しいんだけどいいか?」

竜二郎「なになに、どうしたの急に」

良斗「夏向もミカ太郎も聞いてくれよ」

夏向&ミカ太郎「いいよ」

良斗「聞いてくれよ」

ミカ太郎「早く話せよー」

夏向「今から話すんだろ」

良斗「二人共静かにー」

夏向&ミカ太郎「はーい」

良斗「実はな最近妙なことが起こってな...」

良斗「あるものが無くなっていくんだ....」

良斗「なんだと思う?」

竜二郎「わかんない」

ミカ太郎「なになに、パンツとか???」

良斗「そう、パンツが無くなっていくんだ...」

夏向「なんでミカ太郎知ってるのwwww」

ミカ太郎「いやwww適当だからwww」

良斗「まぁまぁ、話を聞け」

良斗「実はな、ここ1週間くらい、パンツが無くなっていくんだ、しかも結構長く履いてる奴が」

竜二郎「それって犯人わかるでしょ」

夏向「一人しかいないよね」

ミカ太郎「良子ちゃんだな、それ」

良斗「それで俺も聞いたんだ、だけど...」

竜二郎&夏向&ミカ太郎「だけど?」

良斗「違うって言うんだ...」

竜二郎「へー、そうなんだー」

夏向「え...なに怖いんだけど...」

ミカ太郎「お化けじゃない???お化けー」

夏向「怖いこと言うなよーミカ太郎ー」

良斗「それで!!!!今回お前たちに集まってもらったのは!!!この話を聞いてもらうだけじゃなく!!!!この俺のパンツを盗んだ犯人を探して欲しいんだ!!!!!!!一緒にな!!!!!!!」

竜二郎「おもしろそうだな、やるか」

良斗「良子じゃないって言ってたから誰か本当に見当がつかないが探すしかない、俺のパンツのために!!!」

ミカ太郎「(どんだけパンツ大事なんだよ...)」



まず聞きに行ったのは女子集団

誰一人知る人はいない(もちろん良子も知らないと言った)


良斗「ったく、誰だよー俺のパンツ持ってったのー」

竜二郎「ほかにもいるだろ、女子じゃないけど」

ミカ太郎「なー夏向ー」

夏向「んー?なにー?」

ミカ太郎「良斗のパンツ持ってるだろ?」

良斗&竜二郎&夏向「?!?!?!」

良斗「ほんとうか?!夏向!!!!!」

竜二郎「夏向...お前...ホモだったのか....」

夏向「違うよ?!?!??!?!え?????」

ミカ太郎「違うってさー」

良斗「違うのかーなんだー」

夏向「(ミカ太郎...なんなんだよ...)」

テクテクテクテク...

良斗「いねぇな、どこにいるんだろ...」

竜二郎「あ、あれじゃね???」

良斗「お、そうじゃん!!!おーい!礼央!!!」

礼央「4人そろってどうしたの」

良斗「俺のパンツ知らん?」

礼央「知らん」

良斗「そうか、ならいい」

礼央「ところでなんでパンツ?」

良斗「俺のパンツがなくなった」

礼央「買えばいいじゃん」

良斗「盗んだ犯人探してるんだよ、良子じゃないって言うしさ」

礼央「それ俺も気になるな、混ぜてくれよ、犯人探し」

良斗「いいぜ、手伝ってくれ」

礼央「手伝うぜ」

竜二郎「ねぇ、あれ健くんじゃね?それに彼女らしき人物もいるじゃん!!!」(指さしながら」

良斗「そうっぽいね、健くんにも一応聞いておくか」

健「なんで人のこと指さしてるんや」

良斗「これには深いわけが」

健「深いワケ?」

良斗「俺のパンツが盗まれたんです。」

健「は?」


良斗「そのまんまの意味です。」

竜二郎「つまり、今まで良斗のパンツを盗んだ犯人を探していて、そしたら健くん会ったんだよ!」

健「ようわからんけど大変やな、ところでなんで俺に声かけたのかな、そこを聞きたいんだけど」

竜二郎「健くんが良斗のパンツ盗んだんじゃないかなーwwwって...ってあれ...健くん?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

健「なんで俺が良斗のパンツ盗まないといけないんや!!!!!!!盗むわけないだろ!!!!!」(おこ)

竜二郎「うゎああああああ!!!ごめん!!!健くん!!!」

良斗「やべぇ...逃げるぞ!!!!!!」

夏向&ミカ太郎&礼央「わかった!」

シュタタタタタタタタター

竜二郎「え?ちょっとまってみんn」

ガシッ

竜二郎「え...?」

健「ちょっと来てもらいたいんだけど...」(にこ)

竜二郎「エ...ア、ハイ...」

このあと竜二郎すこしだけ怒られました(ほんとうに少しだけだよ)

良斗「なんか健くん怖かったな...」

夏向「そうだね...怖かったね...」

ミカ太郎「怖かったな...」

礼央「でもまだ犯人見つかってないから探そうぜ」

良斗「そうだな、聞いてないのはあと一人だ」

夏向「誰??」

礼央「海月」

ミカ太郎「あーあの無口な子か」

良斗「喋ってくれるといいんだが...」

数分後

礼央「お、あれ海月じゃん、ちょうどいいや」

良斗「そうか、じゃあ呼ぶか」

礼央「おーい!!!海月!!!!!!ちょっと来てくれ!!!」

海月「...?」

良斗「突然だが、俺のパンツ知らないか?」

海月「...知らない」

良斗「ほんとにか」

海月「...うん...知らない...」

良斗「そうか、ありがとう」

海月「うん、またね」

礼央「じゃあな、また今度」

スタスタスタ

良斗「マジかー誰だよー」

ミカ太郎「しらねーよー」

夏向「誰だろう」

礼央「謎だよな」

良斗「てか竜二郎どこだよ、まだ健くんに捕まってんの?」

ミカ太郎「そうだろ、あんなこと言ったからだろ、彼女の前で」

夏向「自業自得だな」

礼央「ねぇ犯人誰」

良斗「おっと話がそれてたな」

ミカ太郎「もう誰でもよくね?俺疲れたんだけど」

夏向「疲れたねー」

良子「あれ、何してるの?」

良斗「実は俺のパンツが...って知ってるだろ」

良子「良斗じゃん!!!!!!一緒に帰らない!??!?!!?!?!」

良斗「まぁ、俺のパンツ盗んだ犯人わかれば一緒に帰ってやってもいいけど」

良子「探し出すね、待ってて」

ピューーーーーーーーー

夏向「あ、行っちゃったね、いいの?」

良斗「探してくれるなら嬉しいけどな」

礼央「また探すか」

良斗「おう」

数時間後...時刻 pm9:30

良斗「遅くなっちゃったなー、ごめんなーみんなー」

ミカ太郎「いいよー別にー」

夏向「大丈夫だよ!」

良斗「仕方ない、帰るか」

良斗&夏向&ミカ太郎&礼央「じゃあまた明日」

良斗「俺のパンツどこだよ...まったく...」

in 良斗s room

ガサソゴガサゴソ

良斗「誰だ...?」

???「ガサッ」

良斗「誰だ!!!!!!」

ガシィッ

良斗「捕まえた!!!!!!!!」

???「ハナセ!!!!!!」

良斗「その声...」

???「ワタシハ、ウチュウジンダ」

良斗「...」

???「ウチュウジンダ...」

良斗「やっぱ良子じゃねぇか!!!!!!!!!!!!!!!!」

???「チガウ!ウチュウジンダ!!!」

良斗「犯人は良子、と」

良子「違う違う違う違う違う違う違う!!!!!!!!!!!聞いて!!!!!!!」

良斗「なんで犯人の言うこと聞かなきゃいけねぇんだよ」

良子「じゃあゴミ箱見てよ」

良斗「あれ...なんで...?」

良子「良斗が自分で捨てたじゃん」

良斗「え?」

良子「私知ってるよ、見たもん」

良斗「いつ?」

良子「1週間くらい前の夜」

良斗「マジで?」

良子「うん」

良斗「てか、なんで良子知ってんの」

良子「...ナンデデショウネ」

良子「とにかく、良斗が自分で捨てたの!!!!!!!」

良斗「そうなのか...」(明日みんなに言わないとな...)


次の日

良斗「ごめん、犯人分かったわ」


竜二郎&ミカ太郎&夏向&礼央「誰?!?!??!?!?!??!?!?!」

良斗「俺」

竜二郎&ミカ太郎&夏向&礼央「は?」

良斗「俺が夜に自分で捨てたんだって」

竜二郎「昨日のあれはなんだったんだ...」

ミカ太郎「でも竜二郎昨日怒られてたじゃん」

夏向「そうだね、怒られてたね」

礼央「ま、犯人分かってよかったけどな」

良斗「そうだな!!!ありがとな!!!!」

竜二郎&ミカ太郎&夏向&礼央「おう!!!!」


オワリ


どうでしょうか...全然ダメですかね...

これからも勝手にssを更新していくかも知れないですけど

いいんですかね...こんな文章力で...なんか恥ずかしいです...

これからもっといい話書けるようにしたいです!!!!

ありがとうございました!!

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

まりぃださん始めまして!
健くんの関西弁可愛過ぎて吐血しました笑
とてもニヤニヤしながら観覧させて頂きました(*^o^*)
お次の小説も楽しく観覧させていただきたいと思います!
  • 2013-07-23│21:22 |
  • にこる@劇黒ファン一号 URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

劇団黒太

Author:劇団黒太
劇黒企画用ブログ


公式Bot @gekikuro_bot

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

閲覧数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。